家族・育児

少ない荷物で赤ちゃんと旅行「必要な持ち物リスト」と「あれば便利な育児グッズ」まとめ【生後半年~1歳】

どうも、パパのおばけです。

無事に出産を終えて育児に慣れてくると、赤ちゃんを連れて旅行に行きたいって思うようになってきますよね!
赤ちゃんとの旅行は首がすわってから(生後3~5ヶ月)くらいからいかれる家族が多いです。

我が家では生後5ヶ月に2泊3日で初めて赤ちゃんとの家族旅行に行きました
飛行機で東京から香川・徳島の旅です。

あらかじめ何が必要か調査したのですが、実際に行ってみると「これがあればもっとよかった(楽だった)」とか「これは持っていけばよかった!」って持ち物が出てきましたのでまとめました。

また、赤ちゃんとの旅行は基本的に荷物がめちゃくちゃ多くなります!
この記事では出来るだけ荷物を少なくしても利便性を落とさないってことを特に意識して「おすすめ育児グッズ」をまとめてます。

おばけ
おばけ
荷物が少なくてもコンパクトな育児グッズなら赤ちゃんとの旅行を気軽に楽しめる!
この記事を読んでほしい人
  • 生後一年未満の赤ちゃんと2泊程度の旅行を検討中の方
  • 交通手段は飛行機や新幹線
  • できるだけ品質が良く安くかさばらないものが好みな方!
  • 荷物は出来るだけ少なくしたい!

まずは、基本的に必須で持っていかないといけない持ち物からまとめます。

家庭や赤ちゃんの月齢・状況によっても必要な持ち物が変わってくると思います。

必要な理由もすべて書きましたので、ぜひ最後まで読んでいただき必要だと思ったものは持っていっていただければと思います。

赤ちゃんとの家族旅行で必須で持っていくおすすめの持ち物

・ミルク
かさ張らないキューブタイプのものがおすすめ。
我が家では「ほほえみ」が下痢対策に良かったので持っていってました!


・哺乳瓶
出来ればプラスティックの軽いものがオススメです。
おすすめはピジョンのプラスティックの哺乳瓶で下でまとめてありますので読んでください。

・おしりふき
100枚入りくらいの大きさのもので1袋あれば十分でしょう。

・哺乳瓶を洗う洗剤
我が家では「ピジョン哺乳瓶野菜洗い」を使ってみます。

ミルク汚れに強い
泡切れが早い
スポンジの除菌も出来る
匂いがいい

めっちゃおすすめです!
100円均一でミニボトルを買って詰め替えて持っていきましょう。


・哺乳瓶を洗うスポンジ
いつも使ってるものでもいいですが、出来れば小さいものがいいです。
下でおすすめ商品を紹介しておりますので見てください!

・2泊3日分の着替えや下着・よだれ掛け
うんちを漏らしたりして想定以上に消費する可能性があります。
2日分くらいは余裕を持っておいたほうがいいです。

・おむつ
これも普段使ってるより2日分は余裕を持っていきましょう。

・ベビーカー
ベビーカーに荷物も詰めるのであればかなり楽になります。

・保険証、母子手帳、お薬手帳
旅行先で怪我や病気など、何があるかわからないので念の為持っていきましょう。

・抱っこひもやスリング
ベビーカーがおけない場所で便利です!
ただ、ベビーカーを持っていくのであれば抱っこひもよりはかさ張らない「スリング」の方がいいかもしれません。
抱っこひもよりは安定に欠けるのですが、もし普段から使い慣れているならスリングの方がいいと思います。

以下のスリングは男の僕でもすんなりつけることができました!
めちゃくちゃ軽くて抱っこひもつけるのが面倒なので、僕はよく使ってます!
片手が自由に使えるようになるのでいいですよ!


・水筒or保温ボトルとミルクを冷ますウォーター
ミルク作る為のお湯を入れられて便利です。
水道がある場所なら冷水でミルクを冷ますことができますが、念の為持っていった方がいいです。
下でおすすめ商品を紹介しますので読んでください。

・離乳食
瓶タイプだと食器がいらないので便利!

・スプーン
離乳食を食べるのに使います。

・赤ちゃん用の歯ブラシ

・赤ちゃん用のベビーソープやベビーシャンプー
こちらも100円均一にあるようなミニボトルに移して持っていくとかさ張らないので便利です。
下で紹介しますが、スキナベーブがベビーバスや浴槽でお湯に溶かしてそのまま洗えるので便利です。

・食事用のエプロン
着替えに限りがあるので出来るだけ汚さないようにする為必要です。
100円均一のペラペラしている、かさばらないものがオススメ!

・ナプキン数枚
よだれや食べこぼしを拭いたり、沐浴で洗うときに使います。

・チャイルドシート
車で旅行に行くならもちろん必須です!

どの家庭でも必須な持ち物はこのあたりですね。

さて、ここからは「あると便利」「これ持っていけばよかった!」的なおすすめ育児グッズをまとめていきます。

哺乳瓶のストックは3本程度必要なのでプラスチックの軽いピジョン哺乳瓶がおすすめ!

家で育児をしていると、使い終わった哺乳瓶はすぐに電子レンジで消毒が出来るのですが、旅行中ではそうはいきません。

安定してローテーションするには3本程度哺乳瓶を持っていく必要があります

ですが、複数の哺乳瓶を持ち運ぶ際に重要になってくるのは重量です。

瓶タイプの哺乳瓶を3本も持ち歩いたら結構な重量になってしまうので、ここはプラスチックタイプのものをチョイスしましょう。

我が家ではこのピジョンのスリムタイプのものを3本購入しました。

もっと安いものもありますが、粗悪品も多いのでピジョンなら間違いないです。

普段使いにも十分使用できる品質です。

・プラスチックで軽い
・安定のピジョン
スリムタイプなのでかさばらない
・乳首の変えも安い


哺乳瓶を洗うスポンジは入れて振るタイプがおすすめ

普段使ってる哺乳瓶のスポンジって持っていくには少し大きいですよね。
旅行に持っていくなら、哺乳瓶の中に入れて振ってシェイクするタイプがおすすめです。

これだったらかなり小さいので全然かさばりません。

哺乳瓶をつけおき消毒できるピジョンのミルクポンが便利です

旅行中は「電子レンジ消毒」や「沸騰消毒」をできる機会はかなり少ないです。
もしも泊まる旅館に電子レンジがないのであれば、このつけ置きできるタイプの消毒液がかなり便利です。

使い終わった哺乳瓶はジップロック等を使用して、この液体につけ置きしておくことで、消毒することが出来ます。

ミルク作るお湯と冷ますための水

旅行中ではずっとホテルに居るわけでもなく外出もします。
当然ミルクを作るためのお湯を持ち歩く必要もあります。

保温できるステンレスボトルならなんでもいいのですが、我が家では amazon’s choice で超おすすめのマグボトルを使ってます。

350ccも入るのでミルクを溶かすだけのお湯としては十分な容量です。
なんと言っても150gなのでめちゃくちゃ軽いです。

保温時間も6時間以上とマグボトルとしては十分な性能です。


また、冷ます水はペットボトルのものを持ち歩きます。
少量のお湯でミルクを溶かした後に、この水で割るだけなので速攻で完成します。

宿泊先にベビーベッドやベッドガードがないなら折りたたみのベビーサークルがあると安心!

これがあると、赤ちゃんを常に気にする必要がなくなり、かなりリラックスして過ごすことが出来ます。

もしも今回の旅行の旅館やホテルにベビーベッドやベッドガードがない場合は、洋室の場合はベッドから転落してしまう恐れがあります。
また、和室だとしても赤ちゃんが自由に動ける状況であると、どんな想定外の危険がああるかわかりません。

なので、簡易的な折り畳めるベビーサークルを持っていくと、とても安心です。

写真のベビーサークルは簡易的なもので立ち歩ける赤ちゃんには危ないですが、寝返りくらいしかできない月齢であれば十分に使用できます

しかもベビーサークルは折りたたむとかなり小さくなり簡単にかばんに収納できます。

かさばらずにめちゃくちゃ軽いですのでかなりおすすめです!


チェアベルトがあると旅行先で赤ちゃんを座らせるときに便利!

これがあると旅行中の食事をゆっくりと楽しめます!

外食先の椅子にチェアベルトを使用して赤ちゃんを椅子の背もたれやママの腰に固定することで、椅子から赤ちゃんの落下を防ぐことができます!

パパママは両手が自由に使えるようになるので外出先でゆっくり食事をとれます。

旅行中くらいゆっくりとご飯食べたいですしこれはあればかなり便利です。

これは amazon’s choice で人気のチェアベルトで旅行以外でも外食時にめちゃくちゃ活躍してます。

折りたたんでしまえばかなり、小さく軽いので普段から使いまくってます。

浴槽やベビーバスに溶かして洗うだけで超便利!沐浴剤のスキナベーブ

ベビーバスとか浴槽にお湯を張って少量の沐浴剤を入れるだけで、シャンプー不要でそのまま赤ちゃんを洗うことができます!

もちろん洗い流し不要です!

荷物を軽くしたいので旅行中はこの沐浴剤のスキナベーブを、100円均一のボトルに詰め替えて必要な量だけもっていけば荷物がかなり軽くなります!

また、赤ちゃんの肌もとってもしっとりするのでいい感じですよ♪

シャンプーよりコストは上がるかもですが、とにかく沐浴が楽になるので、旅行だけじゃなくても普段使いにもおすすめです!

まとめ 赤ちゃんとの旅行は予想以上に持ち物が多い!

いかがでしたでしょうか?

思ったより持ち物が多いと思いった方が多いのではないかと思います。

僕も独身の頃に彼女と旅行に行ってた時は、自分の荷物はトートバッグだけで収まったりしていたので、初めて赤ちゃんと旅行に行った時はびっくりしました。

赤ちゃんの荷物が多すぎて、格安航空で重量オーバーしてしまったりして、自分の荷物をかなり削って行く羽目になったりましたよ^^;

それでも赤ちゃんとの旅行はめちゃくちゃ楽しいです♪

荷物が少なくなれば快適により赤ちゃんとの旅を楽しめますので、この記事でまとめた商品も是非参考にしていただけると嬉しいです♪

ではまた!