食レポ・レシピ

「塩素除去水」+「砂糖」=「ふわふわかき氷」の作り方【アレンジレシピも紹介!】

ひと工夫でさらに美味しく!自宅でかんたん、ふわふわかき氷の作り方【アレンジレシピも紹介!】

なーつーがーはーじーまるよおー

夏といえばかき氷!ですが、ふわふわしたかき氷なら一年中食べたいもんですよね!(僕だけか!?)

この記事ではお店で食べれる様なふわふわしたかき氷を自宅で簡単に実現できる作り方を手順に沿ってご説明します!

この記事を読んでほしい人
  • お店で食べれる様な「ふわふわのかき氷」の作り方を知りたい人

必要なものをざっくりと(材料)

  • かき氷機(ブロック氷ではなくかたまり氷タイプの専用カップがついてるもの)
  • 砂糖
  • かき氷シロップ(シロップはお好みで!砂糖を使うので低カロリーなものがおすすめ)
  • タオル
  • 輪ゴム

まずはふわふわかき氷機で普通に作ってみた!

我が家では【山善の電動ふわふわかき氷機】を使用しています。

 Amazon’s Choice 評価が高いふわふわかき氷機なのです!

刃の角度で削り加減を調整することによって、台湾風のふわふわかき氷や、昔ながらのシャリシャリかき氷まで好みによって作り分け出来る優れものです!

まずはこのかき氷機を使って特に何も工夫しないで普通にかき氷を作ってみます。

・・・

・・・

はいできました。

ふわふわかき氷機を使っているだけあって、すでに結構ふわふわしてますね。
屋体とは比べ物になりません。

ただお店で食べれる様なふわふわかき氷には少し負けてしまいます。

てなわけで、今回はこのかき氷機を使って、ひと工夫してお店みたいな本格ふわふわかき氷を作って行きます!

おばけ
おばけ
1人前で作っていきますので、2人~3人分作る場合は分量を増やしてください

ふわふわかき氷の作り方

手順1.氷は塩素を抜いた水を使用します!

塩素が入った水で作るかき氷はふわふわにはなりません。

したがって軟水のミネラルウォーターだとまず間違いがないんですが、もし手元にない場合も問題ないです。

沸騰して冷ました水で作ればいいんです。
水の塩素は沸騰させればすべてとんでしまいます!

鍋に火をかけてもいいですし、電子ケトルを使えばもっと簡単ですね!

電子ケトル
  1. 1人前(210ml)の水を沸騰させる
  2. 熱が冷めるまで放置


手順2.冷めた水に砂糖を加える

冷ました水に砂糖を加えます。
なんでかというと砂糖水を凍らせた場合は、砂糖が氷の分子の隙間に入り込んでくれるため、隙間のないなめらかな氷が出来るのです。

隙間なく均一に削ることが出来るようになるため、ふわふわのかき氷を作りやすくなります!

砂糖と塩素を抜いた水 砂糖の溶け残しがないように混ぜる
  1. 210mlの水に対して砂糖を15g投入
  2. 溶け残しがないようにしっかりと混ぜる
  3. 混ざりあった砂糖水を「製氷皿」に入れます。

砂糖水を使ってもかき氷自体ははそこまで甘くはなりませんが、もしシロップをこれから購入するのであれば甘さ控えめのものを選ぶほうが合います
健康にもいいですしね!


明治屋 マイシロップ いちご 350ml

これ、植物由来(紫イモ・紫コーン)の色素使用してるのでとっても安心できるかき氷シロップです!
ただ、最初開ける時に栓抜きが必須なのでご用意ください!


手順3.製氷皿はタオルで包んでゆっくりと凍らせる

ハンドタオルで製氷皿全体を包んでください。

タオルで包む

タトルで包んで輪ゴムで止める
タオルで包むことによって水はゆっくりと凍っていきます。
これをしないと、急速で凍っていくことになり、粗い氷となってしまうのです。

  1. 製氷皿をタオルで包む
  2. 外れないように輪ゴムで止める
  3. 冷凍庫に入れる

タオルで包む際は隙間が出来ないように注意!
隙間があるとそこから急速で凍ってしまい粗い氷となります。

手順4.氷は削る前に少し濡らして溶かす

出来た氷をすぐに削ってはいけません。
表面が固く、このまま削っても粗い塊が出来てしまいます。
全体を水道水で軽く濡らせばなめらかな氷になります。

氷を水で滑らかに
  1. 氷を取り出す
  2. 水道水で全体を一瞬軽く濡らす(長く水につけると溶けすぎますので注意!)

手順5.いざ、削りましょう!ポイントは周りから!

では削っていきましょう。

もし刃を調整できるかき氷機の場合は出来るだけ歯を平行にすると台湾風ふわふわかき氷に近づけます

おばけ
おばけ
今回購入した以下のかき氷機なら、刃の角度調整できるよ!


削り方のポイントは器を回しながら、周りに壁を作っていきます。もんじゃ焼きの土手をつくるイメージですね!真ん中から行ってしまうとどんどん高さが出来てしまいタワー型になってしまいます。

土手を作るように容器の周りに氷を落としていく

真ん中の凹んでる部分にまっすぐ氷を落としていき、山を作ります。

真ん中に氷を落とす
  1. 刃を調整できるかき氷機なら出来るだけ平行にする
  2. 器を回しながら土手を作るイメージで周りに壁を作っていく
  3. 最後に真ん中に氷を落としていく

手順6.シロップをかけましょう!

さて、シロップをかけていきます!
ですがここで注意!かき氷にダイレクトアタックをしかけてはいけません。
ふわふわかき氷はとにかく密度が低いので直接シロップをかけるとどんどん凹んでいきます。

スプーンなどを使って凹まないように気をつけながらかけていきましょう!

ふわふわかき氷完成
  1. スプーンなどを使用して全体に広がるように少しずつかける!

完成!食べた感想は?

最初に普通に作ったかき氷でもけっこうふわふわしてたなって思ってたのですが違いがはっきりと分かりました!

なんだこれは!まるで重さを感じない!←言い過ぎだけどまじで軽い

舌の上での自然な溶け具合に感動しました!

嫁さんの分もつくったので念の為、感想を聞いてみました。

嫁
ふわふわしてるからか見た目以上に量が少ない気がする!でもおいしー

とのことです。
空気を沢山含んでるので、思った以上に少ない量に感じるそうです。
もし満腹感を満たしたい時は分量を増やしてください。

様々なかき氷アレンジレシピをご紹介

今回作ったいちごシロップでも十分美味しいのですが、せっかくですのでお店で食べれるような色んな味を楽しみたいですよね?

ここからは一年中楽しめる、めちゃうま!かき氷アレンジレシピをご紹介します。

※レシピに記載した分量はかき氷自体をつくる為の分量です。
写真と同じ様な見た目にするためには、お好みで練乳をかけたり、フルーツをトッピングして楽しんでください。

レシピ1.マンゴーかき氷

マンゴーかき氷

材料

  • マンゴー 160g
  • 練乳 10g
  • 水 30ml

作り方

  1. マンゴーと水を合わせてミキサーにかける
  2. 小さい鍋に(1)と練乳を入れて弱火にかけ、練乳が溶けるまでよく混ぜます。
  3. 常温に冷まして、製氷皿に入れて凍らせます。
  4. 十分に凍ったら冷凍庫から取り出して、削ります。

レシピ2.抹茶かき氷

抹茶かき氷

材料

  • 抹茶 10g
  • 牛乳 170ml
  • 砂糖 20g

作り方

  1. 抹茶粉と牛乳を合わせよく混ぜます。
  2. 小さい鍋に(1)と砂糖を入れて弱火にかけ、砂糖が溶けるまでよく混ぜます。
  3. 常温に冷まして、製氷皿に入れて凍らせます。
  4. 十分に凍ったら冷凍庫から取り出して、削ります。

レシピ3.ストロべリーかき氷

ストロベリーかき氷

材料

  • 冷凍イチゴ 160g
  • イチゴジャム 30g
  • 練乳 10g
  • 水 30ml

作り方

  1. イチゴと水を合わせてミキサーにかけます。
  2. 小鍋に(1)、イチゴジャム、 練乳を入れて弱火にかけ、イチゴジャムと練乳が溶けるまでよく混ぜます。
  3. 常温に冷まして、製氷皿に入れて凍らせます。
  4. 十分に凍ったら冷凍庫から取り出して、削ります。

レシピ4.リッチミルクかき氷

リッチミルクかき氷

材料

  • 牛乳 170ml
  • 練乳 30g

作り方

  1. 小鍋に牛乳と練乳を入れて弱火にかけ、練乳が溶けるまでよく混ぜます。
  2. 常温に冷まして、製氷皿に入れて凍らせます。
  3. 十分に凍ったら冷凍庫から取り出して、削ります。

レシピ5.ミルクティーかき氷

ミルクティーかき氷

材料

  • 紅茶のティーバッグ2包
  • 牛乳 180ml
  • 砂糖 40g

作り方

  1. 牛乳温めた後、紅茶のティーバッグを入れて、紅茶を抽出します。
  2. 抽出が終わったら(1)に砂糖を入れ、溶けるまでよく混ぜます。
  3. 常温に冷まして、製氷皿に入れて凍らせます。
  4. 十分に凍ったら冷凍庫から取り出して、削ります。

まとめ おいしいふわふわしたかき氷なら一年中食べたい!

いかがでしたでしょうか?

シャリシャリしたかき氷も夏っぽくていいのですが、トッピングを凝ってるふわふわかき氷だったら一年中食べたくなりますよね!

かき氷機さえあれば、家でかんたんに作れます。

自分用でもいいですし、家族や恋人、友人にご馳走したらきっと喜ばれると思いますよ!
なにより作ってて楽しいですしね!

今回使用した山善の電動ふわふわかき氷機

ではまた次の記事で~ あでう!

スポンサーリンク